×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

抜け毛薄毛増毛植毛育毛Q&A
トップページリンク集メール利用規約



トップページ > ハゲとの関係性は薄いです

 ハゲとの関係性は薄いです

昔から「帽子を被るとハゲる。」と言われていますが
実際はどうなんでしょうか?

帽子を被れば通気性が悪くなり蒸れる。蒸れれば汗が出るので頭皮が雑菌の繁殖しやすい アルカリ性に傾くのでハゲるという説です。しかし、職業的に帽子を被っている方々が 特に薄毛が多いかというとそうとは思えません。

薄毛は遺伝的な要因やストレスが主な原因と言われているので、 血行障害を引き起こすほどのキツイ帽子を被らない限り心配は必要ないでしょう。

 紫外線対策としての帽子の活用
帽子はむしろ紫外線対策として活用しすることをおすすめします。
帽子は紫外線による頭皮が老化や、皮脂の酸化を促すことによる角栓様物質の形成、 外的刺激による毛穴の炎症等の防止に役立つので陽射しの強い日には着用した方が 好ましいようです。


育毛について

薄毛になる要因は様々あり、育毛とは髪に悪い影響を 与える要因を取り除いていくことです。 食生活ならば皮脂の分泌を増やす油物や甘い物、炭水化物の取り過ぎに注意したり、 育毛に好ましいサプリメントの摂取などもあります。

他にも十分で規則正しい睡眠、飲酒を控える、ストレスを溜め込まない、適度な運動を 心掛ける等があげられます。薄毛の原因を知り自分に最も適している育毛法に取り組みましょう。

髪はどのような構造ですか?

A.髪は3層から成り立っています。

髪はどのように作られますか?

A.髪はケラチンで作られています。

髪の寿命は?

A.髪の寿命は2〜6年です。

なぜ白髪になるんですか?

A.髪の色素が抜けるためです。

通常一日に抜ける髪の毛は何本ですか?

A.通常50〜80本と言われています。

育毛とは何ですか?

A.髪に悪い影響を与える要因を取り除いていくことです。

薄毛の原因にはどんなものがありますか?

A 男性型脱毛症が薄毛の原因になります。
A ストレスが薄毛の原因になります。
A 飲酒が薄毛の原因になります。
A 目の使い過ぎが薄毛の原因になります。
A 頭蓋骨の成長が薄毛の原因になります。
A 円形脱毛症が薄毛の原因になります。
A 粃糠性脱毛症が薄毛の原因になります。
A 脂漏性脱毛症が薄毛の原因になります。
A びまん性脱毛症が薄毛の原因になります。
A 老人性脱毛症が薄毛の原因になります。
A 頭部白癬が薄毛の原因になります。
A トリコチロマニーが薄毛の原因になります。
A 妊娠・出産が薄毛の原因になります。

薄毛抜け毛は遺伝しますか?

A.男性型脱毛症になりやすい体質が遺伝します。


育毛剤について

育毛剤は各々の薄毛のタイプによって、血行不良が原因であればミノキシジルを含む育毛剤の使用、 男性ホルモンが主な原因であればプロペシアを使用するというように育毛には様々な方法があります。 発毛系の育毛剤であるミノキシジルなどと、脱毛防止系であるプロペシアを共に使用することによって その効果は更に増すと言われています。

効果があると言われている育毛剤は何ですか?

A.リアップに代表されるミノキシジルがあります。
A.唯一の男性型脱毛症治療薬のプロペシアがあります。

育毛発毛に良い食べ物は何ですか?

A.いわし(イワシ)が育毛に良いと言われています。
A.納豆+唐辛子が育毛に良いと言われています。


サプリメントとは栄養補助食品のことですが、薄毛の原因が髪の成長に必要なある栄養素が足りていないことが 原因のケースでは、その不足している栄養素を補えば育毛に役立つ可能性があるという訳です。サプリメントには 栄養補助の効果だけではなく、抜け毛の原因になる男性ホルモンを抑制する効果があるものもあるので育毛には欠かせない アイテムと言えるでしょう。

育毛に良いサプリメントは何ですか?

A.亜鉛が育毛に良いと言われています。
A.ノコギリヤシが育毛に良いと言われています。
A.コラーゲンが育毛髪に良いと言われています。
A.L−リジンが育毛に良いと言われています。

増毛とはどんなものですか?

A.増毛とは今ある髪に人工髪を編みこんでいきます。


植毛について

様々な育毛法がありますが、そのどれも効果を実感できない人がいると思います。そんな方にも植毛という手段が あります。植毛は自家植毛であれば自分の毛根を薄毛の部分に移植し、薄毛をカバーするという方法です。

植毛とはどんなものですか?

A.人工毛を植える植毛があります。
A.自家植毛があります。

最新の薄毛対策はどのようなものがありますか?

A.将来的には毛髪培養が実現すると言われています。

▲ ページの一番上へ